テニスのシングルスの動きでは、チャンスをつくったり勝負に出たりするには、前後の動きを攻略することが大切だといわれています。今回、前後の動きを習ってきたので、忘れないうちに書き留めたいと思います。

シングルスの基本の待機位置は、ベースラインの真ん中から50cmくらい下がったところ。 右に振られても、左に振られても、真ん中に戻ってくることで左右をカバーします。よっぽどのウィナーを決められなければ、追いつくことのできる距離なので、ベースラインの左右の動きは守りの戦い方になります。

では、勝負のキーとなる前後の動き、前に出るタイミングはいつなのでしょうか? これは、相手がベースラインの後ろにいて、無理な体勢で返してきたときです。つまり自分のボールが深く入ったときですね。すると相手は差し込まれて、きちんと踏み込んでボールを前でとらえることが難しくなり、後ろ体重でやっと返球してくることになります。このときこそ、前に出ていくタイミングです。

前に行くタイミングをはかるために、自分の中でボールが浅く入って相手にしっかり打たれているときは「No」、 ボールが深く入って体勢が崩れたときを「Yes!」と言って、ステイしたり飛び出したりしてもいいですね。

前に出るときにどれくらいまで出ればいいかは、状況や自分と相手のプレースタイルによります。ボレーが得意で一発で決めたい、一発で決められるという自信があればサービスラインやサービスラインより前に出てもいいと思います。

逆にサービスライン付近でバウンドするであろうボールをボレーで処理するのが苦手だったりしたら、いったんサービスラインの少し後ろくらいまで前に出るという方法もあります。その場所で、一度ボールをワンバウンドさせて返球して、次からまた前に詰めてボレーで沈めてチャンスをつくって相手のボールが浮いたりしたら、スマッシュやドロップボレーで決めに行きます。

シングルスは粘りの戦い方、守りの戦い方が基本になるので、最初は前に出るタイミングがわかりません。前に出ることに対して自分のなかで壁ができてしまっている人も多いでしょう。でも、最初は失敗してもいいから、どんどん前に出てみましょう。前に出て決めるとこれほどうれしいことはありません。後ろにいて、相手のミスでポイントを奪ったときよりも、うれしさが爆発します。そういう自信が次のプレーにも、ゲームの空気も変えることになります。

マイケル・チャンいわく、歴代プロ選手のなかで最もネットプレーで得点を決めているのは、ジミー・コナーズなのだそう。ジミー・コナーズといえば、猪突猛進にネットに走る姿が印象的。ボレーのうまさより、とにかく決めにいくという姿勢が大事なのかもしれません。たしかにやや体勢が崩れたボレーでも、前に沈めさえすればチャンスはやってきます。その結果としてポイントを取れるということなんですね。

私もどんどん前に出て、勝負を仕掛けて行きたいと思います!